FC2ブログ

北条麻妃 ナカイキさせる方法の中身

「北条麻妃が教える膣開発法」の悪いところ・気になったところ(実践レビュー)

今回の記事は、「北条麻妃が教える膣開発法」の気になった点についてです。
>>開発法の動画はこちらから見る事が出来ます

この動画、長いですよね。時間にして1時間57分。ほぼ2時間もあります。それだけ内容が充実しているというのも事実なのですが、これだけあると内容を全部とても一度には覚えきれません。もちろん、初めから順番に実践して開発をおこなっていけば良いのですが、次のステップを見ようと思っても、それを探すのが大変。
全てのステップを一つずつとまでは行かなくとも、3つのステップくらいで動画を分けてくれた方が良かったと思います。
http://yxj3bums.jugem.jp/?eid=1

そうすれば、復習をするにせよ次のステップに進むにせよ、見たいところが探しやすく使いやすかったのではないかと思います。
スポンサーサイト



タグキーワード
  • No Tag
2019.10.26|コメント(0)トラックバック(-)Edit

ナカイキでもう一歩上を目指しませんか?

ただ漠然とセックスをしていて女性がナカイキするというのはまず無い事なので、多くの男性はパートナーをナカイキさせた事がありませんし、また女性もナカイキした経験が無い人は多いと思います。

そんなナカイキさせられない男性諸氏の中には、「別にナカイキなんてさせられなくても、パートナーはセックスで十分に気持ちよくなっていると思う」という人もいるでしょう。
確かに、セックスは本番だけが全てではないでしょう。
彼にクリトリスを弄られてイクだけでもとても幸せ。
本番で自分はオーガズムに達する事は出来ないけど、自分の膣内でペニスが気持ちよくなって彼がイクのが幸せ。
そんな人もいるとは思います。

でもそれはナカイキをした事が無いからそう思えるのです。ナカイキはクリトリスのオーガズムとは比べ物にならない強烈な快感。一度体験したらもうナカイキなしのセックスでは満足出来ないでしょう。
タグキーワード
  • No Tag
2019.10.26|コメント(0)トラックバック(-)Edit

AVのイメージは捨ててください

AVでは男優の激しいピストン運動でAV女優が喘ぎ声を上げてオーガズムに達するという描写が当たり前にあります。
あんな風にパートナーの女性を気持ちよくさせてあげたい・あんないやらしい姿になるところを見たい。こんな風に考えてナカイキさせたいと思う男性は多いかと思います。
でもAVのイメージは捨ててください。

AVはあくまでも映像作品であり、その内容は演出が入っているものです。
AV男優の真似をしてもAVのように女性が感じるというわけではありません。激しいピストンをしたからと言って女性がイクわけではないのです。
※参考:北条麻妃が教える膣開発法をネタバレ

女性をナカイキさせるには膣の開発を行う必要があるのです。そして「膣の開発」というのも決して膣内をむやみやたらに激しく刺激する事ではありません。
AVのせいで女性がイク=激しい攻めというイメージを持ってしまう人が多いですが、それは間違いなんです。
タグキーワード
  • No Tag
2019.08.01|コメント(0)トラックバック(-)Edit

神経からして違うもの

ナカイキはクリトリスでイクよりも遥かに気持ちよく、その快感が持続する時間が長くて強烈。
こう聞いても、本当にそうなのかとイマイチピンと来ないという人は多いでしょう。男性からしたら、クリトリスと膣内で感じ方って違うものなのかなんて分かりませんし、女性だってクリトリスでしかイった事が無い人からするとナカイキがとても気持ちよいなんて想像出来ないかもしれませんね。

しかもナカイキってどうやったら出来るものなのか分からないし、本番で女性がイクまで射精せずにピストンし続けるなんてとても出来そうにない。別にクリトリスを弄ってイカせてあげられれば十分なんじゃない?と考えてしまう人もいるでしょう。

そんなあなたに膣イキとクリイキは全然違うという理由をお伝えします。
実はこの2つは同じ女性器の刺激によるオーガズムとはいっても、司っている神経が違う事が分かっています。
※参考記事:北条麻妃が教える膣開発法 内容ネタバレ
ですからどうやっても、クリトリスでのオーガズムでナカイキのような快感を感じる事はないはずです。
ナカイキの強烈なオーガズムを実現するには、膣の開発が必要です。
タグキーワード
  • No Tag
2019.08.01|コメント(0)トラックバック(-)Edit
Copyright © 北条麻妃 ナカイキさせる方法の中身 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます